プロボウリング情報

プロボウリングインフォドットコム

ボウリング通販ショップ

ボウリング用品通信販売 ボウラーズマート


2010/09/26

 【JPBA】 東海オープン 【TV決勝】

玉井慎一郎が大会初制覇!

勝敗を決するボールの行方を見守る

3年振りの開催となった東海オープンも本日とうとう最終日を迎え、昨年リニューアルオープンした世界最大級の舞台・稲沢グランドボウルで繰り広げられた男達の戦いは、今年の猛暑よりもなお熱い激戦となりました。

順位の浮き沈みが激しく、予選を上位で突破したにもかかわらず徐々に滑り落ちて行く者もあれば、一挙に40人以上を抜き去って進出枠に飛び込む者ありと、激しい攻防戦に見守る観客達も応援に熱が入ります。

そんな中、今大会の敢闘賞に相応しい活躍を見せたのはプロ入り2年目の小林哲也。準々決勝まで10位近辺をキープしていましたが、準決勝6Gで何とAVG250ピン以上を叩き出す大爆発!決勝ラウンドロビンではポジションマッチにて矢島純一を倒し、48期生初のレギュラーツアー決勝進出を果たします。

決勝ステップラダーで小林は、先日のMKチャリティカップにて復活優勝を果たした山本勲と対戦。これが何と両者217ピンの同点で終了した為、ワンショットプレーオフに持ち込まれました。

先攻の山本が先に投げ、7番ピンをタップしてしまい9本カウントのところ、後攻の小林がストライクを決めて勝敗が決定。優勝決定戦へ進出を果たします。

勢いに乗る小林を待ち受けていたのは、ラウンドロビンで7勝1敗の成績で首位に躍り出た玉井慎一郎。今大会も予選1G目でパーフェクトを達成し、勢いならば小林に負けていない玉井は、出足こそ7-10スプリットを出してしまったもののその後5連続ストライクを決め、7番ピンに嫌われ続ける小林をリードします。

しかし8フレーム目、玉井が10ピンをタップした上にカバーミスしてしまいオープンフレームにすると、ストライクが続かないながらもノーミスを守る小林が玉井との距離を詰め、208ピンで先に終了。玉井は10フレーム・1投目がストライクなら余裕を持てるところでしたが、ここで10番ピンがタップ。スペアを取れなければ小林の勝利が決定するという状況の中、玉井の精神力は8フレーム目でのミスがもたらす悪いイメージを吹き飛ばして見事カバー。ラストショットでまたしても10番ピンタップというご愛敬を見せましたが、小林にわずか6ピン差、214ピンで勝利を決めました。

優勝こそ逃したものの小林の大健闘、そして玉井の粘り強さと、若手の活躍が光った東海オープン。見応えある熱い戦いは、東海テレビにて10月25日(月)24:45〜25:30放送予定となっております。放映される地域の皆様はどうぞご覧下さい!

 

 【JPBA】 東海オープン 【ラウンドロビン】

 

玉井慎一郎

ポジションマッチでトップの山本勲に競り勝った玉井が(234-221)トップシードでTV決勝進出、負けた山本は2位、そして65歳での最年長優勝を狙った矢島純一だったが最後の最後で大きくスコアを落とし(179-237)プロ2年目の小林哲也が勝って初のTV決勝進出を果たす!

 

 【JPBA】 東海オープン 【準決勝】

 

矢島純一

40年前の第1回大会チャンピオン矢島純一が貫禄のトップ!2位にMKチャリティカップの優勝者山本勲、3位に昨年プロ入りの小林哲也が続く。


 

2010/09/25

黒田仙雄

 【JPBA】 東海オープン 【予選後半】

 

黒田仙雄


 

2010/09/24

安藤智宏


 

2010/09/17

 【JPBA】 三湖コリアンカップ 【TV決勝】

ジェイソン・ベルモンテ、コリアンカップ初制覇!

まさしく世界一の両手投げ、日米韓を制す!

パーフェクト6個に800シリーズ一つと、今年も華々しい打ち合いとなった三湖コリアンカップ。JPBA勢は残念ながら準決勝で全員敗退、2年連続KPBA・PBAでの決勝争いとなりましたが、ジェイソン・ベルモンテ、ジョン・テハ、チョ・ヨンソン選手、ショーン・ラッシュ、トミー・ジョーンズと、日本でもお馴染みの人気選手が決勝へ進出しました。

TV生中継の緊張感漂う中はじまった決勝ステップラダー・5位決定戦は、ジョーンズ対ラッシュの対戦。

今年4月にJAPANCUPを制したジョーンズが韓国をも制し、日韓に君臨なるかと思われましたが、左レーンの攻略に苦しみストライクが続きません。かたやラッシュは中盤に4連続ストライクを決めてジョーンズを引き離すと、パンチアウトでとどめを刺して打倒。その後もラッシュは4位決定戦で韓国ナショナルチームのチョ選手、3位決定戦でテハを相手にペースを崩すことなく230オーバーのスコアで勝利し、優勝決定戦へと駒を進めます。

昨年の第11回大会で4位に終わった雪辱を果たしたいラッシュを頂点で待ち受けるのは、3年振りのコリアンカップファイナル進出となったベルモンテ。

両者ともに20代のPBAによる頂上決戦は、先攻のラッシュがスペアでスタート。ところがここから思わぬ展開に。なんとラッシュは7フレーム目までストライクが決まらず我慢のボウリングを強いられ、対するベルモンテも左レーンは最後まで攻略できず、スペアとストライクを交互に出すダッチマン状態に陥り、不調のラッシュを大きく引き離すことができません。

しのぎを削るような戦いは10フレーム目、ラッシュが9ピン・スペア・ストライクを決めたものの、後攻のベルモンテにプレッシャーを与えるには及ばず、191ピンで投球を終了。ベルモンテは1投目でストライクを出せばほぼ勝利が確定する状況で、パンチアウトを決めてラッシュを突き放します。

3年前、アマチュアとして参戦したファイナルステージにプロになって帰ってきたベルモンテ、自身初の、そして両手投げプレイヤーとして初の日米韓制覇を成し遂げました!


 

2010/09/04

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【TV決勝】

 

低迷の暗雲を吹き飛ばす、晴れやかなこの笑顔!

2005年にトップ合格するとその年のうちに初優勝を果たし、その後も順調に勝利を重ねてプロ6年目ですでに11勝、2008年に14年振りのTV決勝・優勝決定戦パーフェクトを達成するなど、華々しい戦績を持つ山本 勲。

しかし全日本選手権三連覇達成を境に優勝争いから遠ざかるようになると、予選落ちさえ見られるようになり、今年に入っても日本最強レフティは影を潜めたまま。そんな山本の代わりのようにめざましい活躍振りを見せつけたのは、新星・川添奨太でした。

山本と同じく全日本ナショナルチームで活躍し、プロテストを一次試験免除でトップ合格してからは多くの大会で上位入賞を果たす、その姿は山本の再来と言っても過言ではないでしょう。

そんな二人が雌雄を決することとなったのは、山本にとって長きに渡る低迷を打破する為に、神に与えられた試練だったのはないでしょうか。

決勝ステップラダー・3位決定戦で追い上げるイー・スンソブから逃げ切り、実に1年9ヶ月振りとなる優勝決定戦の舞台にあがった山本。肩に掛かるものは決して少なくはありませんでしたが、その重さに潰されることなく出だしからの5連続ストライクを決めると、後半は一転我慢のボウリングに。 対する川添は4フレーム目のスプリットをオープンにしてしまい、中盤にターキー、最後はパンチアウトと必死に追いますが、ねばり強くノーミスを守る山本は川添を寄せ付けません。

積んできた経験、培った勝負強さの差を後輩に見せつけて山本がとうとう復活。待ちに待った大会V2、通算12勝目を掴み取りました!

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【TV決勝】

 

万感の思いを込めて

そしてもう一人、このMKチャリティカップにプライドと復活を賭けた戦いを挑んだのは、2008・2009年の大活躍で女王の称号を手に入れた姫路 麗。

しかし昨年10月のHANDACUPフィランスロピー・女子で5勝目を挙げて以降、優勝争いに加われず、今季夏の3大会では悪夢の3連続予選敗退。明るいキャラクターでお馴染みの姫路でしたが、さすがにこの不調には落ち込んだ表情を見せていました。

そんな夏を過ごして迎えたこのMKチャリティカップは、昨年の優勝決定戦で中盤まで40ピン以上も大量リードしながら大逆転され、3ピン差で新人・佐藤まさみに敗れた因縁の大会。この大会で優勝すること、それが女王復活の条件でもあるかのように、二日にわたった予選で上位をキープすると準決勝でさらにチャージをかけて首位に立ち、決勝ラウンドロビンでも首位を独走。二年連続トップシードでの決勝進出を果たしました。

そして迎えた優勝決定戦、対戦相手は2005年の全日本女子選手権で敗れた苦い思い出のある時本美津子。倒せなかった偉大なるライバル・時本の登場で、姫路にとって最高の舞台が整います。

3位決定戦で269ピンのビッグゲームを打ち出した時本は、優勝決定戦でも4連続ストライクで滑り出し、序盤は姫路が時本を追う展開に。しかし5フレーム目、時本がスペアを出すと追撃の手を止めない姫路が一気に逆転。なんと3フレーム目から10フレーム2投目まで9連続ストライクを決めてしまいます。時本も必死に追いましたが9フレーム目をオープンにしてしまい撃沈。40ピン以上の大差をつけて、姫路が完全勝利を成し遂げます。

時本に敗北を喫した5年前、そして佐藤に逆転された昨年の自分に打ち克ち、二重のリベンジを果たした姫路。今季続いた不調を晴らし、地元関西で女王復活ののろしをあげました!

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【ラウンドロビン】

 

川添奨太

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【ラウンドロビン】

 

姫路 麗

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【準決勝】

 

山本 勲

第2回大会チャンピオンの山本勲以外全て初優勝、あわせてアマとKPBAを除く6名全てが42期生以降(今年の新人は49期)とフレッシュな顔ぶれが揃った。

中田博則が3G目にパーフェクトゲーム達成!

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【準決勝】

 

姫路 麗

女子は昨年ランキング1・2位の姫路麗・松永裕美と、今季好調組「六甲クイーンズ」優勝の板倉奈智美やランキング上位の時本美津子・長縄多禧子・吉川朋絵の実力者に、新人の櫻井真梨・岸田有加が進出を果たしバラエティー豊かな顔ぶれが揃った。


 

2010/09/03

儀間義博

昨日誕生日を迎えた儀間義博が初優勝を目指しトップで準決勝へ!2位に次国内トーナメント「東海オープン」開催会場(稲沢グランドボウル)でホストプロを務める斉藤茂雄、3位に満身創痍のベテラン横川義雄がつけている。

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【予選後半】

 

鈴木理沙

P☆リーグでも活躍中の鈴木理沙が後半爆発しトップで準決勝へ!

森彩奈江が昨日の時本美津子に続き10G目パーフェクトゲーム達成!


 

2010/09/02

山本 勲

 

 【JPBA】 MKチャリティカップ 【予選前半】

 

時本美津子

5G目にパーフェクトゲームを達成し勢いに乗る時本美津子が現在トップ!


 

2010/09/01

小島昭弘

プロ21年目の小島昭弘が前半に続いて後半も爆発、トップで本大会へ!


 

Google
 


プロボウリング情報トップページ