プロボウリング情報

プロボウリングインフォドットコム

JPBA (速報)

JPBA (公式)

PBA

通信販売

ボウリング通販ショップ

ボウリング用品通信販売 ボウラーズマート

 


2009/10/25

秋深まる中、2日間に渡って行われた「HANDA CUP」フィランスロピープロボウリングトーナメント。予選10G、準決勝5G、決勝ラウンドロビン8Gの激戦をくぐり抜け、記念すべき第1回大会のファイナルステージに立ったのは佐藤美香、長縄多禧子、久保田法美、そして姫路 麗の、誰が勝っても不思議のないいずれ劣らぬ実力者4人。
頂上決戦を前に始まった佐藤vs長縄による決勝ステップラダー・4位決定戦、そこでまず1つめのドラマが生まれました。
プロ入り22年目で未だ無冠ながらも安定した実力を持つ長縄が、何と女子では1992年の増本留美子(第15回関西OP3位決定戦)以来17年ぶりとなるTV決勝パーフェクトを達成!文句なしで長縄の完全勝利ではありましたが、対する佐藤も6フレーム目からオールウェーを決めて258ピンのビッグゲームで追い上げるという、手に汗握る名勝負を繰り広げてくれました。
2つめのドラマは3位決定戦、長縄vs久保田の戦いでした。
直前のパーフェクト達成で勢いに乗る長縄がダブルで滑り出したのに対し、久保田はスプリットによるオープンフレームと出遅れます。しかし久保田もまた意地を見せ、4連続ストライクを決めて差を詰め、ほぼ互角の状態で10フレーム目へ突入。そこで先攻の長縄が1投目に8ピンカウントのスプリット。もはや勝利は絶望的かと思われたところに、後攻の久保田がなんとビッグフォーのスプリット。両者ともにオープンとしましたが、たった1ピンが明暗を分け、結果は長縄が優勝決定戦へと駒を進めました。
そしてファイナルステージでは、運と勢いを味方に付けた長縄の前に昨年度三冠女王にして現在ポイントランキング2位の姫路が立ちはだかります。
ストライクでスタートしたもののターキー以上が続かない長縄に対し、スペアスタートの姫路は2フレーム目から9フレーム目まで8連続ストライクに成功。初優勝を賭けての戦いに健闘する長縄でしたが、姫路の爆発力の前に膝を屈する結果となりました。
今季は準優勝が3回、そのうち六甲クィーンズとMKチャリティカップはトップシードで待ち受けながらも惜敗の涙を流した姫路。どうして勝てないというもどかしさ、どうしても勝ちたいという口惜しさが長縄の勢いをねじ伏せて3つめのドラマを生み出し、姫路本人はもとより応援しているたくさんのファンも待ち望んでいた通算5勝目を挙げ、見事「HANDA CUP」フィランスロピープロボウリングトーナメント初代女王の座に輝きました!

長縄多禧子
準優勝ながらTV決勝パーフェクトという歴史に名を残す快挙を達成!

 

優勝決定戦

○ 姫路麗 263 - 232 × 長縄多禧子

初優勝を目指した長縄だったが、姫路が1フレスペアの後ストライクラッシュで(9フレまで8連続ストライク)昨年3冠王の意地を見せ今季初優勝・通算5勝目を挙げる。

3位決定戦

× 久保田法美 209 - 210 ○ 長縄多禧子

9フレが終了し同ピンで迎えた最終フレームの10フレ、先投げの長縄は6.7のスプリットで210で先に終了。久保田はスペアで勝ちのところ、まさかの4.6.7.10ビッグフォー(2投目2本カウント)、僅か1ピン及ばず209で負け。勢いにのる長縄が姫路との優勝決定戦へ進出!

4位決定戦

○ 長縄多禧子 300 - 258 × 佐藤美香

長縄が女子では17年ぶりとなるTV決勝でのパーフェクトゲーム達成で3位決定戦へ!(パーフェクト賞としてサンブリッジグループより300万円提供)

姫路 麗

ポジションマッチを248で勝った姫路 麗がトップシードでTV決勝へ、今季初優勝を狙う。敗れた久保田法美は2位進出、長縄多禧子は初タイトルを目指し3位、そして216で加藤八千代を下した佐藤美香が太田美紀をかわし4位でTV進出を果たした。

 

 【JPBA】 「HANDA CUP」フィランスロピープロボウリングトーナメント 【準決勝】

 

姫路 麗

準決勝1G目に吉野 操、2G目に久保田法美がパーフェクトゲーム達成!(パーフェクト賞20万円獲得)

 

 【PBA】 World Championship 【Finals】

Kulick Wins PBA Women's World Championship, Sullins Takes Senior World

Kelly Kulick of Union, N.J., earned the right to become the first woman to bowl in the Professional Bowlers Association Tournament of Champions thanks to her victory in the inaugural PBA Women's World Championship at Thunderbowl Lanes in suburban Detroit.

Kulick's historic victory aired Sunday on ESPN. The first of eight PBA World Series of Bowling telecasts also included a long-awaited win for Detroit area favorite Harry Sullins, who ended a 15-year winless dry spell in the resurrected PBA Senior World Championship.

Kulick, the only woman ever to earn an exemption to bowl full-time on the Lumber Liquidators PBA Tour, defeated Shannon Pluhowsky of Phoenix, 219-204, to win the newly-created major championship for women bowlers. In addition to her berth in the PBA Tournament of Champions Jan. 19-24 at Red Rock Casino in Las Vegas, Kulick earned $15,000 and a spot in the end-of-season PBA Women’s Showdown presented by BOWL.COM.

Kulick bowled a clean game including a late string of three strikes to build a 35-pin lead in the eighth frame. Pluhowsky finished with four strikes in a row, but it wasn't enough to overcome an unconverted 8-10 split in her third frame.

"It's a long overdue win," Kulick said. "I've been knocking on the door for awhile. I came close in the (United States Bowling Congress) Queens earlier in the year." Kulick finished second to Liz Johnson of Cheektowaga, N.Y., in the Queens in Reno, Nev.

"Last year I wasn't exempt for the PBA Women's Series and that really gave me things to think about. I was kinda depressed at first and then I really refocused," Kulick added. "I asked myself if I belonged out here, but I went back to my routines - worked out, exercised, practiced a lot - and ever since the Queens, things have gotten better and better.

"Getting a chance to bowl in the Tournament of Champions is the icing on the cake. You blow out the candle and your wish comes true. My focus was on winning the title," she continued, "but now I not only get to go to Las Vegas, but I get to bowl with the guys, which I've enjoyed doing in the past."

"My only failure on the men's tour (during the 2006-07 season) was that I hit the pocket as often as they did, but I didn't knock down as many pins because I don't have as high of a rev rate. That said, if you want to be the best, you have to bowl against the best players, so the only way I'm going to get better is to bowl against them. I'll enjoy the experience in the Tournament of Champions and we'll see what happens."

Sullins, who won his fifth and last PBA Tour title in 1994 in Windsor Locks, Conn., defeated Hugh Miller of Mercer Island, Wash., 222-192, for a $15,000 prize, his first PBA Senior Tour title and a berth of his own in the Tournament of Champions. The PBA Senior World Championship was resurrected as a part of the new PBA World Series of Bowling after lying dormant since 2002.

"It feels great," Sullins said. "I'll be glad to go back to the Tournament of Champions."

Sullins admitted to being nervous. "It's been almost 11 years between TV shows, 15 years since 've won a title. You try to stay as calm as you can," he said. "Some guys might say they don't get butterflies, but I don't care who you are - you get 'em. The question is, how much pressure can you take and still move your feet, swing your arm, roll the ball and hit what you're throwing at? It worked out."

"The difference was I made all my spares," he continued. "That keeps the pressure on. It kept me 19-20 pins ahead the whole match. I threw two strikes in a row twice early in the game and that was huge. I could tell Hugh was trying to figure out which ball to use, so I kept telling myself, just get a double, and fortunately I was able to do that."

Sullins felt like the title was his for the taking after he was warmly greeted by the Detroit area fans attending the finals in a center where he had honed his game for years.

"I've bowled at Thunderbowl for 30 years," the Chesterfield Township, Mich., resident said, "but when we came out for the introductions, I actually had the fans with me. That was so pleasing. It was like, it's my time to win."

It was also rewarding because he made a less-than-satisfying debut on the Senior Tour a year earlier.

"I wanted to come out full blast last year," the 52-year-old Michigan native said. "I had big goals - rookie of the year, all of that - but I went out to the west coast and didn't do so well. In the Senior U.S. Open I threw my elbow out, so I wound up missing the whole balance of the season."

"This year I had a different outlook. I wanted to start strong in Jackson (Mich.), but I got a job with the U.S. Census Bureau. I hadn't had a job in three years, so I decided the seniors could wait. I wound up staying home and bowling in the Regional Players Championship at Thunderbowl, which gave me an edge to get ready for the Senior Tour and for the World Series. In the six Senior Tour events I did bowl, I had four championship round appearances including a win and a second. So I'm happy."

The opening event of the PBA's 2009-10 season on ESPN also included a PBA Trick Shot Invitational, won by PBA Hall of Famer Norm Duke of Clermont, Fla. Duke performed a series of trick shots to top a field including fellow Hall of Famers Parker Bohn III and Brian Voss, PBA champions Chris Barnes and Sean Rash, and Finland’s two-handed sensation, Osku Palermaa, for a $5,000 prize.


 

2009/10/24

昨年3冠王の姫路 麗が今季初優勝に向けトップで準決勝へ!また前半トップの森山真理が後半も健闘を見せ2位、そして後半爆発した溝渕秀美が猛チャージを見せ前半24位から一気に3位へ。


 

2009/10/19

 

カン・ソンユ
会場:ロコボウル


 

2009/10/18

 【JPBA】 コカ・コーラカップ 千葉オープン 【TV決勝】

 

コカ・コーラカップ 2009千葉オープン
木村広人、千葉初制覇!

”レーンには魔物が棲んでいる”--- ありふれた表現ではありますが、今年の千葉オープンはまさしくその表現が相応しい展開となりました。
準決勝では予選1位の田形研吾がまさかの大失速。さらに中川郁也や糸山賀津人といった上位陣も順位を落とし、代わってディフェンディングチャンピオンの高橋延明や長谷 宏・銘苅卓士などが猛チャージで巻き返しラウンドロビン進出枠に滑り込む波乱の展開に。
そんな中で準決勝でパーフェクトを達成した永野すばる、800シリーズ達成のムン・ビョンヨル、2007年大会の優勝者であるジョン・テハら3人が決勝ラウンドロビンで順位をキープして決勝ステップラダーへ進出。木村広人はラウンドロビン中盤では苦戦しましたが後半で巻き返し、ポジションマッチで栴檀 稔を下してファイナルステージへ飛び込みました。
そして始まった決勝ステップラダー。使用するレーンは、準決勝で使用され、ラウンドロビンで一旦戦いの場から外れた15・16番レーン。ここに魔物が潜んでいました。
永野vs木村の若手対決となった4位決定戦、4連続スタートで滑り出した木村でしたが、続く5フレーム目でスプリット。しかし対する永野もまた2フレーム目をスプリットでオープンフレームに。永野が8フレームを再びオープンにしたことから木村の勝利が見えてきましたが、9フレーム目になんと木村が悪夢のガター。このチャンスに息を吹き返した永野がパンチアウトを決めて木村を捕らえ、勝負はワンショットプレーオフに持ち込まれました。
両者ともに一投目はストライク。そして二投目、ストライクを決めた木村に対し、永野のボールは真ん中を割ってしまい6本カウントに。危うい勝負を辛うじて制し、木村がジョンとの3位決定戦へ進みます。
3位決定戦も荒れ模様は治まらず、木村が4フレーム目をオープンに。ジョンも3・9フレーム目をオープンにするなど両者ともに苦戦を強いられましたが、木村がわずか5ピン差でジョンを組み伏せ、優勝決定戦まで登り詰めます。
待ち受けるムンは準決勝で驚異のアベレージ254.33ピンを叩き出し、本日は絶好調と思われましたが、アドバンテージがあったのはステップラダーを最初から戦い続けてきた木村でした。最初と最後しかストライクが決まらず、2度のオープンを出しレーンに翻弄されるムン。対して運を掴んでレーンの魔物を撃退した木村が、この最後のゲームでようやくノーミスを守ることに成功。1年振り2度目の優勝という栄光の果実をもぎ取りました!

 

優勝決定戦

× ムン・ビョンヨル 164 - 238 ○ 木村広人

コンディションの変化にとまどいストライクが来ないムンに対し、木村は7フレからオールウェー(10フレ三投目9本)で快勝!終盤は4位決定戦・3位決定戦の冷や冷や感を一掃させる投球で見事今季初・通算2勝目を飾る(昨年の「MKカップ」初優勝に続き)!

3位決定戦

× ジョン・テハ 190 - 195 ○ 木村広人

木村が2ピン差で迎えた終盤、9フレ ジョンが2.9.10の7本スプリットミス、続く10フレ気合いのダブルで190で先に終了、木村の10フレ結果待ち。10フレ一投目木村は7番ピン残り(レフティ)の9本カウント、これをカバーすれば勝ちが見える緊張の一投、かろうじてスペアとし最後6本以上で勝ち上がりをストライクで締めムンとの優勝戦へ!

4位決定戦

○ 木村広人 205 - 205 × 永野すばる

木村がフォーススタートで序盤2マークリード、後半9フレ木村がまさかのガターで1マーク縮まり勝負は10フレへ。10フレ先投げの木村はスストライク・9本スペア(危なく)で先に205で終了。後投げの永野は見事パンチアウトをもってきて205で同スコア。ここでワンショットのプレーオフを行い上位進出の木村は永野がパンチアウトをしたレーンと逆のレーンを選択。一投目両者ストライク、レーンを替えた二投目木村はストライクで永野が6本カウントで勝負あり。

 

 【JPBA】 コカ・コーラカップ 千葉オープン 【ラウンドロビン】

 

ムン・ビョンヨル

ポジションマッチ1位ジョン・テハ 対2位ムン・ビョンヨルの対戦は、172-268でムンが勝ちトップシードで決勝ステップラダーへ、敗れたジョンは2位。3位キム・ヨンピル対4位永野すばるの対戦は191-213で永野が競り勝って1ポイント差で4位をキープ、そして5位木村広人対6位栴檀 稔の対戦は木村が怒濤のストライクラッシュ268で勝ち一気に3位で決勝へ進出を果たす。決勝はKPBA2名 vs JPBA2名の対戦となった。

 【JPBA】 コカ・コーラカップ 千葉オープン 【準決勝】

 

ムン・ビョンヨル

前半800シリーズ(845)を達成したムン・ビョンヨルが今季初決勝をトップで進出!そして地元千葉支部の石原章夫が神懸かりの追い込みを見せ予選17位から一気に2位へ浮上。ディフェンディングチャンピオンの高橋延明も6位で通過。なお唯一アマチュアで残った山本優介選手(高校2年生)が見事9位で通過を果たす。


 

2009/10/17
後半1206(241アベ)を打った田形研吾がトップで準決勝へ!

 

2008/10/17

 

相澤英昭

相澤英昭が後半996と爆発しBシフトトップ!相澤が46期、2位の小泉秀幸が45期、3位の人見啓二朗が47期、4位の鈴木勇太が46期とBシフトは若手が上位を占める。

 

 【JPBA】 コカ・コーラカップ 千葉オープン 【選抜大会Aシフト】

 

高橋富資

一昨日神戸六甲ボウルで行われた「シーズントライアル」で4位と好調持続の高橋富資がAシフトトップ!そして明日62歳の誕生日を迎える星野宏幸が3位、地元千葉支部の岩楯泰彦も9位で通過。


 

2009/10/14

 

天野景之
会場:ハタ・ボウリングセンター

 

松村義整
会場:神戸六甲ボウル


 

2009/10/13

 

藤原康彦
会場:相模原パークレーンズ


 

2009/10/10

 【JPBA】 ROUND1 Cup Ladies 【TV決勝】

 

ROUND1CupLadies2009
清水弘子、復活V!

昨年は3勝を挙げながらも三冠女王の座から滑り落ち、今季に入ってからも低迷が続いた清水弘子にとって、それは長い長い夜でした。
今季最高でも16位どまり、ランキング争いどころかもはや来季のシード権すら危ぶまれる状況でこのROUND1CupLadiesに臨んだ清水でしたが、予選前半の滑り出しは47位と奮いません。
しかし予選後半で一挙33人をごぼう抜きすると、猛追は止まらず何と準決勝ではアベレージ250.4ピンをマーク。2位で進出した決勝ラウンドロビンでは1G目で首位に躍り出ると、最後まで独走を貫き、約1年振りとなる決勝ステップラダー進出を果たします。
決勝ステップラダー5位決定戦ではまず連覇のかかった鷲塚志麻と近藤文美が対決。ディフェンディングチャンピオンの意地で鷲塚が近藤を下しましたが、4位決定戦で現在ポイントランキング1位を独走中の土屋佑佳に大差を付けられて敗北。
トップシードで待つ盟友・清水との頂上決戦に臨みたい土屋でしたが、続く3位決定戦でプロ入り19年目の初優勝がかかった鈴木 忍の前に撃沈します。
清水vs鈴木、2006年の宮崎プロアマオープン以来のレフティ対決となった優勝決定戦は、両者ともにストライクでスタート。しかし2・3フレーム目を スペアにした清水が一歩出遅れた形となりましたが、中盤でラッキーな4連続ストライクを決め逆転。対する鈴木は焦りが出たのか、8フレーム目でスプリット を出しオープンフレームにしてしまい、ツーマークビハインドの状態で9・10フレームの勝負に挑むことになりました。両者9フレーム目はストライク、10 フレーム目で先攻の清水の1投目は5番ピンが残りかけたもののピンアクションで救われてストライク。これでほぼ勝利を手中に収め、そのままパンチアウトで 完璧な勝利をものにしました。
長い夜が明け、眠りから覚めた”クィーンオブレフティ”、沖縄で文句なしの復活Vを果たしました!

 

優勝決定戦

○ 清水弘子 247 - 203 鈴木 忍

先行逃げ切りを狙った鈴木だったが中盤清水が追いつき、勝負どころの8フレ鈴木は4.6.10のスプリット、清水は9フレからオールウェーで見事復活Vを果たす。今季初・通算14勝目(昨年の3勝に続き)と優勝賞金400万円を獲得!

3位決定戦

○ 鈴木忍 214 - 201 × 土屋佑佳

鈴木はフォーススタート、土屋はストライクが続かず4フレで鈴木が3マークリード。しかし鈴木が5フレスプリットミス、土屋が5フレからターキーで追いつき勝負は終盤へ。9フレ両者ともバケット崩れの3本残りで鈴木はカバー、土屋がミスし鈴木が逃げ切って初優勝目指し優勝決定戦へ進出。

4位決定戦

○ 土屋佑佳 233 - 189 × 鷲塚志麻

2連覇を狙った鷲塚だったが中盤までストライクが来ず土屋が堅くスコアをまとめ3位決定戦へ進出。

5位決定戦

○ 鷲塚志麻 224 - 205 × 近藤文美

大会2連覇を狙う鷲塚がイージーミスで自滅の近藤を破り4位決定戦へ進出。

 

 【JPBA】 ROUND1 Cup Ladies 【9・10 トーナメント】

 

最終決戦を前に、9・10トーナメントのTV決勝が行われ、小山幸恵がプロアマ総勢128名を制覇!
男子大会で行われて大好評を博したこのエキジビジョンマッチ、わずか2フレームの集中力を競い合う選手達に大きな声援が送られ、今大会でも本戦に負けず劣らずの熱気と歓声に包まれ大変な盛り上がりを見せました!

 

 【JPBA】 ROUND1 Cup Ladies 【ラウンドロビン】

 

清水弘子

意外にも今季初のラウンドロビン進出を果たした清水弘子が復活Vを目指しトップシードでTV決勝へ!2位に19年目で初優勝を狙う鈴木 忍、3位に現在ポイントランキングで絶好調の土屋佑佳、4位にディフェンディングチャンピオンで大会初の2連覇を狙う鷲塚志麻、そしてポジションマッチで268を打った近藤文美が5位でTV進出を果たした。


 

2009/10/09

 【JPBA】 ROUND1 Cup Ladies 【準決勝】

 

鈴木 忍

鈴木忍(24期:西尾スターボウル)が準決勝もスコアを伸ばし初優勝と優勝賞金400万円を目指しトップ゚でラウンドロビンへ!そして準決勝トップのスコアをたたき出した清水弘子が14位から一気に2位へ浮上、復活Vへ巻き返しを狙う。
名和秋が今大会1号となるパーフェクトゲーム達成!

 

 【JPBA】 ROUND1 Cup Ladies 【予選・後半】

 

鷲塚志麻

ディフェンディングチャンピオンの鷲塚志麻が大会2連覇を狙って首位で準決勝へ!


 

2009/10/08

台風の進路が逸れ、無事に今年も開催となりましたROUND1CupLadies。本日は予選前半5Gの後、男子大会で大いに盛り上がった9・10トーナメントの準々決勝までが行われました。
第1ブロックからは8月の全日本ミックスダブルスにて準優勝の小山幸恵、第2ブロックからはプロ入り2年目の平野志帆、第3ブロックは大会直前に交通事故で軽傷を負いながらもマスクでカバーして参戦した阿部聖水、第4ブロックは加藤八千代との千葉支部対決を制して長縄多禧子、この4人が最終日に行われるTVファイナル進出を決めました。
9・10トーナメント優勝賞金40万円を手にするのは…!?こちらの行方もどうぞお楽しみに!

 

 【JPBA】 ROUND1 Cup Ladies 【予選・前半】

 

鈴木 忍

前半5Gが終了し24期の鈴木忍が278を含む1188で現在トップ!2位にディフェンディングチャンピオンの鷲塚志麻、そして沖縄入り直前にアクシデントがあり出場も危ぶまれた阿部聖水が大健闘を見せ3位につけている。


 

2009/10/06

 【PBA】 News

Ron Mohr Named 2009 PBA Senior Tour POY, Other Awards Also Announced

Ron Mohr of Eagle River, Alaska, the Professional Bowlers Association Senior Tour's only three-time winner in 2009, has been selected as PBA Senior Tour Player of the Year by a panel of veteran bowling writers and his fellow competitors.

Brian Voss of Alpharetta, Ga., has been elected as the PBA Senior Tour's 2009 Rookie of the Year and veteran Senior Tour competitor Larry Graybeal of Elizabethton, Tenn., is the winner of the second PBA Dick Weber Sportsmanship Award.

Mohr, a 53-year-old second-year Senior Tour member, won the PBA Jackson (Mich.) Senior Open and PBA Dayton (Ohio) Senior Open, kicking off the 2009 season with his first two titles in back-to-back weeks. He won his third title in the Senior Dick Weber Open in Lansing, Mich., where he defeated four-time defending Senior Player of the Year Tom Baker, 232-175, in the title match.

In 12 Senior Tour events, Mohr cashed in all 12, advanced to match play 11 times and he had five top-five finishes. He was runner-up in the Senior Tour earnings race to Wayne Webb by only $250 with his $41,600 total, and he led the full-time touring seniors in average at 223.14.

"I don't know if it's a surprise to get the news, but it's still a shock," Mohr said. "You hope things will turn out this way, but you never know. After my first year, I realized I could be competitive, but it's a major step to win a title and then to win more than once is surreal. To go on to win Player of the Year is beyond anything a guy living in Alaska could ever imagine.

"I think it would be easy to accept this, say it has been a great year, and move on," he added. "But I'm looking for ways to get better. Tom Baker won this honor four years in a row. I'm going to try to get better if I have any hope of doing something like that. And with Walter Ray (Williams Jr.) coming out on the Senior Tour, even for a few events, we'll all have our work cut out for us next year.”"

Voss, who bowled in only six events, didn't win a title, but he finished second in the Senior Dayton Open, second to Webb in the Senior U.S. Open, and tied for fifth in the USBC Senior Masters. Voss was granted a "Golden Umbrella" exemption to rejoin the Lumber Liquidators PBA Tour in August, and missed the final five Senior Tour events. During his limited action, he was the only player to out-average Mohr (223.99) and he earned $22,200 - eighth best among the seniors.

"It's always nice to win something, to be recognized. I would have preferred to be Player of the Year, but it suggests I'm still competitive," the 24-time Lumber Liquidators PBA Tour titlist said. "My first Senior Tour event was a rude awakening (he failed to cash). I didn't bowl practice. I had no idea what lanes were like. It turned out they were pretty easy, and I have all of the excuses in the world why I wasn't ready."

"But I adapted," the 53-year-old Voss continued. "I finished second the next week in Dayton, and I did well in the majors. It was good competition and it was really nice to see some of my old friends."

Voss, a PBA and USBC Hall of Famer, will be a full-time member of the Lumber Liquidators PBA Tour for the 2009-10 season, so his participation in Senior Tour events is unknown. "We'll see what my schedule is. I'll bowl a few," he said.

Graybeal, who turned 70 on Sept. 7, bowled in his 100th PBA Senior Tour event in the PBA Senior World Championship in Allen Park, Mich., in August. The 26-year PBA member won his only PBA title - a senior regional event - in Gastonia, N.C., in November 2006.

"I was kind of surprised, but I'm really honored to have an award with that man's name (Dick Weber) on it," Graybeal said.

The former textile printing supervisor fought and beat colon cancer in 2001, which proved to be a turning point in his life. "I decided after that I was going to do what I wanted to do with my life. I'm still at it, still trying to win," he grinned. He acknowledged he's a consistent Super Senior casher - the 60-and-older group who don't cash in the regular prize list, "but that's not what I'm shooting at."

"I try to be a nice guy," Graybeal continued. "It's not always the easiest thing to do when you're a competitor. I guess you'd call it losing gracefully."

Graybeal's selection by his peers was the perfect choice, according to PBA Senior Tour Tournament Director Corey Kistner and PBA Regional and Senior Tours Director John Weber, the son of the award's namesake.

"I'm really happy to see a guy like Larry win this award," Kistner said. "He's the epitome of what the sportsmanship award represents. He's definitely deserving."

"On behalf of the Weber family as well as the PBA, I'm really happy the players voted for someone as congenial as Larry Graybeal. All of the players look up to him. He's just a pleasure to be around. I couldn't be happier."


 

Google
 


プロボウリング情報トップページ