プロボウリング情報

プロボウリングインフォドットコム

JPBA (速報)

JPBA (公式)

PBA

通信販売

ボウリング通販ショップ

ボウリング用品通信販売 ボウラーズマート

 


2009/06/28

何人が参加しても頂点に立って嬉し涙を流せるのは、常にたった一人。頂点に立てなかった者達は悔し涙を流しながら、また次の頂点を目指す。
多くの選手達がそうであるように、松永裕美もまた何度も頂点を目指しては悔し涙を流し続けてきました。2008年は大活躍だったにもかかわらず、2位が2回、3位・4位が1回ずつ。今年に入っても5月のDHCツアー第2戦で3位に終わり、ついたあだ名は「シルバーコレクター」。
今度こそ、今度こそとリベンジを誓いながら戦い続けた松永は、今回の千葉女子オープンでは予選を5位、準決勝を4位で通過。飛ばし過ぎず、かつペースを崩さずに決勝ラウンドロビンを2位で通過し、今年2度目の決勝ステップラダー進出を果たします。
しかし決勝ステップラダー進出4名のうち、トップシードで待ち受ける優勝候補・ウエンディ・マックファーソン以外は全員優勝回数0。松永、佐藤美香、長縄多禧子、いずれも初優勝へ賭ける意気込みは引けを取りません。
4位決定戦では地元千葉の声援を受けて戦う長縄に佐藤が勝利。2001年に16歳で史上最年少プロデビューを果たした佐藤と、2004年トップ合格の松永との3位決定戦は、オープンフレームでスタートを切った佐藤を松永がリードする展開に。佐藤も必死に食らいつき、中盤から5連続ストライクを決めますが猛追及ばず、松永が逃げ切ってマックファーソンとの優勝決定戦へ進みます。
初優勝がかかった松永は言うに及ばずですが、昨年は準優勝に終わったマックファーソンも雪辱を果たしたいところ。しかしマックファーソンは左レーンの攻略に苦しみ、ストライクを続けることができません。一方松永はこのチャンスを逃さず7連続ストライクを決め、最後の最後で4連続ストライクを持ってきたマックファーソンを悠々と突き放し、50ピン以上の大差で完勝。
何度も夢にまで見た初優勝を完全勝利で掴み取り、シルバーコレクターの汚名を見事に返上した松永、ゴールドコレクターへの第一歩を踏み出しました!

 

優勝決定戦

× ウエンディ・マックファーソン 208 - 259 ○ 松永裕美

昨年からことごとく優勝を逃してきた松永が実力者ウエンディをビッグゲーム(2フレから7連続ストライク)で破り嬉しい初優勝!
ウエンディはレーンコンディションの変化にとまどいスコアが伸びず。だが最後はきっちり9フレからオールウエーで意地を見せる。

3位決定戦

○ 松永裕美 248 - 227 × 佐藤美香

19歳で37期のトップ合格を果たした松永対高校1年生(16歳9ヶ月)でプロ合格した佐藤の対戦は、佐藤が1フレ10ピンミスで序盤松永が最大3マークリード。佐藤は5フレからストライクを続け(フィフス)追い上げるが松永も7フレからストライクを重ね(フォース)逃げ切ってウエンディとの優勝戦へ進出!

4位決定戦

○ 佐藤美香 246 - 223 × 長縄多禧子

佐藤が序盤・中盤・終盤と要所でストライクを重ねて終始リードを守り、地元千葉で初優勝を狙った長縄を下して3位決定戦へ進出!

 

 

ウエンディ・マックファーソン

百戦錬磨のウエンディ・マックファーソンに、初優勝をかけて挑むのは松永裕美・佐藤美香・長縄多禧子の誰だ!


 

2009/06/27

 【JPBA】 JFE カップ 2009 千葉女子オープンボウリングトーナメント 【準決勝】

 

長縄多禧子

地元千葉支部の長縄多禧子が大活躍を見せ見事トップ通過でラウンドロビンへ!2位に今季初参戦でいきなりVを狙うウエンディ・マックファーソン、3位に巻き返しを狙う加藤八千代、4位・5位にそろそろ初優勝が欲しい松永裕美・佐藤美香、6位に現在ランキングトップの土屋佑佳、7位に準決勝トップのスコア谷川章子、8位に「宮崎」優勝の五十嵐久乃、9位に永久シードの稲橋和枝、10位に予選27位から猛チャージを見せた夏賀淳子、11位に「軽井沢」に続くラウンドロビン進出を果たした吉川朋絵、そして上がり268・257を打った姫路 麗が予選29位から一気に浮上12位でラウンドロビンへ!

 

 【JPBA】 JFE カップ 2009 千葉女子オープンボウリングトーナメント 【予選】

 

佐藤美香

佐藤美香(34期:さがみ野ボウル)が予選10ゲーム全て200UPで堂々のトップ!2位は後半250AVGの長縄多禧子、3位に巻き返しを狙う加藤八千代がつけている。


 

2009/06/26

 【JPBA】 JFE カップ 2009 千葉女子オープンボウリングトーナメント 【選抜大会Bシフト】

 

松井八知栄

小山幸恵が5G目にパーフェクトゲーム達成!(自身2個目)

 

 【JPBA】 JFE カップ 2009 千葉女子オープンボウリングトーナメント 【選抜大会Aシフト】

 

吉野 操


 

2009/06/12

 【USBC】 Senior Masters 【Finals】

Dale Traber Wins 2009 Senior Masters

Dale Traber of Cedarburg, Wis., defeated Ross Packard of San Jose, Calif., in two consecutive matches to win the 2009 United States Bowling Congress Senior Masters at South Point Bowling Center on Friday.

Traber lost to Packard earlier in the double-elimination match-play bracket, but got a double dose of redemption when it counted, topping the 61-year-old left-hander, 720-691 and 673-622, to claim the coveted title, $17,000 top prize and a berth in next year's Professional Bowlers Association Tournament of Champions.

"This is very surprising, especially considering I was buried after 14 games and needed a 260 game just to make the cut," said Traber, who entered match play as the No. 47 seed and averaged 224.9 on the way to an 8-1 record. "I bowled three matches against Ross today, and I know that the way he was throwing the ball, I couldn't take anything for granted."

The win was the second of Traber's young PBA Senior Tour career, and came just two weeks after his breakthrough victory at the PBA Senior Northern California Classic.

The 52-year-old right-hander has enjoyed a lifetime of success on the lanes, including 43 PBA regional titles and a runner-up finish to his brother, David, at the 1994 PBA National Championship.

Traber also had some recent success in Las Vegas, where he helped his team, Linds Limited of Milwaukee, into the lead in Regular Team and Team All-Events at the USBC Open Championships. That event will conclude its record 154-day run on July 24 and could mean two meaningful wins for Traber and his long-time teammates.

"After the great week in Vegas and a good start to the Senior Tour, I had three weeks of disappointment and was really searching for an answer," said Traber, who finished sixth at last week's PBA Senior U.S. Open. "I just wanted to win the first one, and just like when I was trying to win my first regional, it's nice to have the monkey off my back."

Packard, who finished third at the 2008 USBC Senior Masters, averaged 217.5 in match play this week and cruised through the winners bracket untouched to claim his spot in the championship match. He disposed of Traber, 705-658, to secure his place in the finale and then waited to see who his opponent would be.

"I was throwing the ball pretty well, and I knew I had a chance if I could throw the ball like I had been earlier, but Dale just bowled a little bit better," said Packard, who owns two Senior Tour titles. "I had a lot of close matches that went my way, but these last two, I really ran into a buzzsaw, and Dale bowled great. I think I'm on a good trend, though, so maybe that means I'm going to win next year."

Traber took a different path to the title match and punched his ticket with a, 651-579, win over top-seeded Brian Brazeau of Ocala, Fla. Brazeau, who lost his first match Thursday morning, bounced back and rolled through match play with nine consecutive wins before bowing out. He finished third and took home $6,000.

"It was an intense week, that's for sure," said Brazeau, who averaged 211.2 on the way to a 9-2 record in match play. "I totally played the lanes wrong the first round and lost, but I think that relaxed me a little bit. After that, you sure wouldn't expect to go all the way. It's match play, though, and anything can happen. I won some high-scoring matches and a couple of low-scoring ones. You're always disappointed when you lose, but I'm happy with everything overall."

Traber, Packard, Brazeau and the rest of the PBA Senior Tour competitors now will take a month and a half off before heading to Hammond, Ind., for the PBA Senior Lake County Indiana Open, which begins on Aug. 1. They will be in action each week in August, and the season will wrap up with the PBA Senior World Championship in Allen Park, Mich., Aug. 30-Sept. 4.

"This was a draining week, and I'm exhausted, but this feels amazing," Traber said. "I don't know what I'm going to do during the break, but I'm looking forward to it."

For more information on the USBC Senior Masters, visit bowl.com.


 

2009/06/06

 

緑豊かな軽井沢にて、今年も無事開催を迎えた軽井沢プリンスカップ。
予選では4月のプロテストでトップ合格を果たした佐藤まさみが2位をキープして健闘を見せ、前半5G時点ではカットラインに遠く届かないと思われた太田美紀や清水弘子、関根直子、吉田真由美らが驚異の追い上げで準決勝進出を果たすなど、ドラマチックな展開に。
そんな中、予選で首位に立った溝渕秀美は、準決勝・決勝ラウンドロビンとその後も首位を守り抜き、トップシードで決勝ステップラダーへ進出します。
頂上で溝渕が待ち受ける決勝ステップラダー、4位決定戦は4月に初優勝を果たしてから絶好調の波に乗る土屋佑佳対、ラウンドロビンの混戦を勝ち抜いてファイナルステージへ滑り込んだ”女王”時本美津子の対戦となりましたが、中盤でのカバーミスが響いて土屋の追い上げは届かず、時本の勝利に。
続く3位決定戦、時本を待っていたのは溝渕の後をぴたりとマークしてきた中谷優子。
中谷も中盤でオープンフレームを出してしまいますが、2つのダブルと勝負どころの9フレーム目をきっちりターキーで押さえてまとめあげ、手堅くノーミスを守るもののストライクが続かない時本を撃破。予選から背中を追い続け、ようやく溝渕の前に立ちはだかります。
勢いに乗って溝渕を追い越したい中谷でしたが、優勝決定戦では左レーンの変化に苦しみストライクが続きません。溝渕もまたスペアスタートで我慢の出だしとなりましたが、中盤のダブルに続くスプリットを見事カバーしたことから流れを引き寄せ、9フレーム目からのターキーで一気に中谷を突き放すことに成功。
USBCクィーンズトーナメントに毎年参加し、アメリカのトッププロに揉まれて経験を積み重ねて来た溝渕が、体調不良による失調の壁を乗り越え、見事11年振りの復活を軽井沢で遂げました!

 

優勝決定戦

○ 溝渕秀美 220 - 196 × 中谷優子

復活Vを目指す溝渕対通算10勝に王手をかける9勝目を挙げたい中谷の対戦は、最後まで互角の戦いとなり8フレが終わって溝渕が5ピンリード。勝負はナインテン勝負となり9フレ溝渕はストライク、中谷は8本スペア、10フレ先投げの溝渕はプレッシャーのかかる中、見事ストライクをもってきて俄然有利に!溝渕は10フレ2投目もストライクで見事優勝を決め、涙の11年ぶり通算12勝目を挙げた。

3位決定戦

○ 中谷優子 217 - 196 × 時本美津子

歴代優勝者同士の対戦となった3位決定戦は、最後まで10ピンが飛ばない(7回残り)時本に対し、要所でストライクを続けた中谷が何とか逃げ切り溝渕との優勝決定戦へ!

4位決定戦

× 土屋佑佳 202 - 237 ○ 時本美津子

今季絶好調の土屋対'00大会から「軽井沢」3連覇を誇る時本との対戦は、終始時本がリードを守り3位決定戦へ進出。

 

 【JPBA】 軽井沢プリンスカップ 【ラウンドロビン】

 

溝渕秀美

'98の「サロメチールレディース」優勝以来11年ぶりの復活Vを目指す今年年女の溝渕がトップシードでTV決勝へ、予選からトップを守り完全優勝を狙う!
2位は4勝4敗ながらラウンドロビン8Gでトップのスコアをたたき出した中谷優子、3位は「関西オープン」で初優勝を挙げ現在ポイントランキング1位の土屋佑佳、そして4位は'00から3年連続「軽井沢」を制した時本美津子が進出を果たした。
なお地元長野県で初優勝を目指した田中初美はポジションマッチで土屋に敗れ惜しくも次点となった。

 

 【JPBA】 軽井沢プリンスカップ 【準決勝】

 

溝渕秀美

溝渕秀美が後半も710と爆発し準決勝6Gトップのスコアで再び首位を奪取!2位は'06大会以来の軽井沢優勝を目指す中谷優子、3位に大磯プリンスホテルボウリングセンター 所属の吉川朋絵、4位に今季絶好調現在ランキング1位の土屋佑佳、5位に'05大会で初優勝を飾り相性の良い久保田法美、6位に長野県で唯一の女子プロ田中初美、7位に '00から大会3連覇を挙げた時本美津子、そして8位に予選15位から上がった関根直子が進出。


 

2009/06/05

 

溝渕秀美

溝渕秀美が'98の「サロメチールレディース」優勝以来11年ぶりの復活Vを目指し予選トップで準決勝へ!2位に大健闘を見せている新人(トップ合格)で地元甲信越支部の佐藤まさみ(24歳)、3位にBシフトトップで'06大会以来軽井沢V2を狙う中谷優子。なお今回肩痛でブラインドした斉藤志乃ぶに代わり繰り上げ出場となった佐藤由実子がラッキーを活かしラインぎりぎりの24位で通過を果たした。

 

 【PBA】 PBA Senior U.S. Open 【Finals】

Wayne Webb defeats Brian Voss To Defend PBA Senior U.S. Open Title

In a battle of two of the Professional Bowlers Association's all-time greats, Wayne Webb defeated Brian Voss, 214-188, in the championship match to win his second consecutive PBA Senior U.S. Open presented by Suncoast title Friday at the Suncoast Bowling Center.

Webb, who defeated Johnny Petraglia to win last year's Senior U.S. Open, joins Tom Baker as a two-time and back-to-back winner of the event.

"It's definitely harder to win back-to-back than to win the first one," said the 51-year-old PBA Hall of Famer, who was the top qualifier in the stepladder finals. "I was really a nervous wreck because I wanted to win it more than anything."

In addition to winning his second senior title and major, Webb earned a $20,000 first prize, the largest on the Senior Tour.

In the eighth frame, Webb left the 2-4-5-8 which he converted, but that spare leave rattled the 20-time Lumber Liquidators PBA Tour titlist.

"Things were going well and then I leave the bucket on what I thought was a good shot and now I'm scared," said Webb. "My heart was pounding so fast I had to work hard to keep myself calm."

Webb also had to work through some back problems that developed during the tournament.

"I was having to deal with some back pain and in a tough long format like this you have to be in good shape," Webb said. "With the physical and mental demands of this tournament I don't mind telling you I'm tired."

In his first year on the Senior Tour, the 50-year-old Voss was trying for his first senior title. His second-place finish equaled his best of the season having also finished second in the Senior Dayton Classic.

"I've got no problems with what happened here today," said Voss, a PBA Hall of Famer who owns 24 PBA Tour titles. "It was a good tournament."

In the semifinal match, Voss defeated PBA Hall of Famer Mark Williams, 216-187, to advance to the championship match. In the opening match, Williams defeated Harry Sullins, 232-213.

Voss earned $11,000 for second while Williams earned $7,000 for third and Sullins $5,000 for fourth.

Williams owns seven PBA Tour titles, including two Tournament of Champions and one Senior Tour title, while Sullins has won five titles on the PBA Tour. In all, the four stepladder finalists represented 56 PBA Tour titles.


 

Google
 


プロボウリング情報トップページ