プロボウリング情報


2009/04/29

去る4/25(土)〜29日(水)に、アメリカ・ネバダ州リノのナショナルボウリングスタジアムにてJSBCクィーンズトーナメントが開催され、JPBAから小須田礼子、溝渕秀美、長縄多禧子、松岡美穂子の4名が出場致しました。
この大会は予選5Gを二日間投球し、上位100名を選出。更に5G投球して、通算15Gトータルピンにて上位63名を選出し、ディフェンディングチャンピオンを加えた64名でダブルイルミネーション方式による決勝戦を行います。
10G終了時点で長縄が29位、小須田が35位、溝渕が65位で予選を通過。松岡はここで敗退となります。さらに次のラウンド(5G)にて、長縄が32 位(3,133ピン=208.9AVG)、小須田が61位(3,063ピン=204.2AVG)で決勝進出を決めましたが、溝渕は84位(2,968ピン=197.9AVG)で終了し、$350の賞金を獲得しました。
ダブルイルミネーション・勝者ゾーン一回戦で長縄・小須田の2名とも敗退し、敗者ゾーンへ移ります。敗者ゾーン一回戦では2名とも勝ち抜きましたが、小須田が二回戦でミッシー・ベリンダーに敗北し33位タイ(賞金$1,400)で終了。
最後に残った長縄は日本で大活躍しているウエンディー・マックファーソンを僅か5ピン差で退けて三回戦に進出し、小須田が二回戦で対戦したミッシーとの対戦となります。ここで残念ながら長縄もミッシーに大差をつけられてしまい敗退、25位タイ(賞金$1,700)の成績で終了しました。
なお今大会の優勝決定戦は、PBAツアーでも活躍しているリズ・ジョンソンとケリー・キューリックの対戦。トップシードのリズが247対204でケリーを下し、見事チャンピオンに輝きました。優勝賞金は$30,000。

Johnson claims USBC Queens title

At the start of the week, Liz Johnson of Cheektowaga, N.Y., had virtually written off her chances of capturing the 2009 United States Bowling Congress Queens, the one title that had always eluded her.

Fast forward a few days and Johnson found herself standing on the lanes wearing the Queens tiara, holding the trophy and savoring a moment she had only dreamed about up until that point.

Johnson defeated 2007 Queens champion Kelly Kulick of Union, N.J., 247-204, to earn the title before a crowd of nearly 1,500 at the Reno Events Center. The victory earned her $30,000 and a place among bowling's biggest names as Queens champion.

"This is the most prestigious women's event, and to be in the company of some of the women who have won this is amazing," said Johnson, who finished second to Shannon Pluhowsky at the 2006 Queens. "I was so close to winning the title in 2006, and it took me a couple of months to get over that loss, but this feels absolutely amazing."

Johnson, the top seed, never thought she would have a shot at the title this week after getting off to a rocky start and landing in 71st place after the opening round of qualifying at the National Bowling Stadium. She slowly moved up the standings and fought through the double-elimination match-play bracket undefeated to claim the title.

"This week I bowled OK but my reaction wasn't that good, and I barely won some matches," said Johnson, who now has 13 professional women's titles including the 2007 U.S. Women's Open. "I'm a fighter, though. When it comes to anything, especially bowling, I'm going to fight my way through."

Johnson and Kulick both got off to hot starts in the championship match. After Johnson left a 7 pin on a solid pocket shot, she rattled off four consecutive strikes.

Kulick, however, started the game with five strikes before disaster struck. In the sixth frame, Kulick left the Greek Church, the 4-6-7-9-10 split, and fell into a deficit from which she would never recover.

After converting the 2 pin in the sixth frame, Johnson strung together three more strikes to easily claim the championship.

"This is the one title that has eluded her, and she earned it today," Kulick said. "If there is any bowler I want to finish second to, it's Liz. She's having a great career. She just keeps fighting and seems to overcome everything."

In reaching the title match, Kulick took out Michelle Feldman of Auburn, N.Y., 221-170, in the semifinal. Feldman started with an open and Kulick never trailed in the match.

Kulick defeated Lisa Bishop of Belleville, Mich., the match before by starting with nine consecutive strikes in a 262-224 win. Stepping up in the final frame in her bid for a televised perfect game, Kulick threw the ball a tad slow and it hooked through the head pin and left the 3-4-6-7 split.

To open the championship round, Bishop defeated Brenda Edwards of Mansfield, Texas, 221-199. After leaving the 3-4-6-7-9-10 split in the final frame, Bishop converted the spare to keep her hopes alive. Edwards could have advanced with three consecutive strikes in the 10th frame, but left the 6-10 on her first shot.

The Queens championship round was conducted on lanes specially constructed inside the Reno Events Center, which will host the USBC Convention this weekend. The same lanes will be used to tape Bowling's Clash of Champions, a USBC event, which will air on CBS Sports on May 9 from 4-6 p.m. Eastern.

The Queens, which is presented by Eldorado, Silver Legacy and Circus Circus, featured a field of 251 of the top female bowlers in the world competing for a total prize fund of $200,000.


 

2009/04/26

予選通過ラインはAVG225.83ピン、パーフェクト8個に800シリーズが2つも飛び出した今年のDyDoJAPANCUP。P★リーガーらによるエキシビションマッチやBOWLINGGIRLSによるステージなどのイベントで場内の興奮が徐々に高められ、具志堅用高氏による始球式でいよいよTVファイナルが開幕。
一回戦第一試合は予選で800シリーズを達成しトップを独走したウェス・マーロットが登場。初の大舞台となるJPBA若手トップクラスの市原竜太がその前に立ちはだかりますが、マーロットが貫禄の違いを見せて市原を撃破。続いて第二試合、KPBAトッププロのジョン・テハとPBA来日メンバー最年少、大会初参加でファイナルステージ進出を果たしたライノ・ページの対戦は、8フレーム目をオープンにしたものの、ターキー2つにパンチアウトと善戦するテハを相手に、ページがエンジン全開の大爆発!何と大会初のTVファイナルパーフェクト達成に成功します。
場内の興奮が醒めやらぬ中、行われた第三試合は大澤義樹VSビョン・ヨンハンの顔合わせ。両者とも2大会連続のファイナルステージで、静かな中にも火花散る戦いとなりましたが、軍配は8個のストライクを重ねたビョンに上がります。
一回戦最後の第四試合、組合せは両者とも準決勝でパーフェクトを達成した坂田重徳とパトリック・アレン。準決勝では優勝候補の一人パーカー・ボーンIIIを倒した坂田でしたが、オープンフレームでスタートを切ると乱調のまま浮かび上がれず、アレンが終始リードを取って坂田を制します。
4強が揃った準決勝は第一試合でマロットが7連続ストライクでページを振り切って勝利、第二試合では自滅したビョンをアレンが下し、優勝決定戦はマーロットVSアレンのPBA対決へ。
予選1位対2位、ある意味で因縁の対決は両者スペアスタート。2フレーム目からアレンが4連続ストライクを決め、マーロットがそれを追いかける展開となりましたが、マーロットは勝負所の9フレーム目をストライクにできず、追いつくチャンスを逃します。
対してアレンは終盤8フレーム目からターキーを持ってきてさらにマーロットを突き放すことに成功。観客も大満足の手に汗握る試合展開で、パトリック・アレン、大会参加6回目にしてJAPANCUP初制覇を果たしました!

優勝決定戦

× Wes Malott 214 - 247 ○ Patrick Allen

予選1位・2位通過の対決となった優勝決定戦は、パトリック・アレンが序盤2フレからのフォースで逃げ切り、今大会絶好調だったウェス・マーロットを破ってパーカー・ボーンIII以来のサウスポー優勝を挙げる。
JAPAN CUP 初優勝(JAPAN CUP 6年連続6回目の出場)

準決勝第2試合

× ビョン・ヨンハン 159 - 203 ○ Patrick Allen

コンディションの変化にとまどうビョン・ヨンハンが6フレまでにスプリット4回(うち7-10・3回)で自滅、パトリック・アレンは1回戦の坂田戦に続きラックーな展開で優勝決定戦へ進出!

準決勝第1試合

× Rhino Page 216 - 236 ○ Wes Malott

予選トップ通過のウェス・マーロットがハパワーボウリングを見せつけ1フレから7連続ストライク、一方1回戦でパーフェクト投球を見せたライノ・ページは、7番ピンが飛ばず(左投げ)スコアが伸びない。結局ウェス・マーロットが8・9フレオープンもそのまま逃げ切り優勝決定戦へ進出。


 

2009/04/25

 

2009/04/24

 

Wes Malott

PBAツアーでも絶好調の巨漢(193cm・113kg)ウェス・マーロットが剛球を武器にトップ独走!!また上位をカタカナ(PBA)が占めたが、明日はトーナメント方式の為(5G中3G先取)、JPBAの底力に期待!
1G目ダニー・ワイズマン、5G目三池丹揮、9G目水野成祐、10G目永野すばるが300達成!
第3シリーズでウェス・マーロット(837)、第4シリーズで長谷宏(800)が800シリーズ達成!


 

2009/04/23

 

正田晃也

明日4月27日に誕生日を迎える正田晃也(44期:フリー)が、ビッグタイトル獲得へ向け選抜トップ通過を果たす。
2G目に田中康男(自身初)が大会1号の300達成!


 

2009/04/21

 

小原照之
会場:ハタボウリングセンター


 

2009/04/19

準決勝で4名ずつ8つのブロックに分かれ、ブロック毎に総当たり戦を行うブロックラウンドロビンによって上位2名を選出し、合計16名で1Gマッチの勝ち抜き戦となる決勝トーナメントにて優勝を決めるという、独特な試合形式が毎年数々のドラマを生み出している宮崎プロアマオープン。
今年は前年度チャンピオンの近藤文美、つい先週行われた関西オープンにて念願の初優勝を果たしたばかりの土屋佑佳、同大会で土屋に敗れて3位に終わった愛甲恵子という、いずれも負けられない理由がある3名に加え、今年に入ってからは成績が振るわず、今大会でも30位の成績で予選を通過した五十嵐 乃が怒濤の追い上げを見せ、決勝トーナメント・準決勝へ進出を果たします。
Aゾーン・愛甲VS土屋の対戦から始まった準決勝は、4連続ストライクでスタートを切った土屋に対し、愛甲も中盤からターキー、ラストはパンチアウトと追い上げましたが、初優勝から波に乗る土屋には届かずリベンジは失敗。土屋が二週連続で優勝決定戦への切符を手に入れます。
次にBゾーン・近藤VS五十嵐の対戦は、序盤は両者ほぼ互角ペースでしたが五十嵐が中盤でストライクを4つ繋げることに成功。そのまま近藤を突き放して優勝決定戦へ。
土屋と五十嵐、ボディアクションこそ控えめなものの、内に秘めた勝利への気迫は決して人後に落ちない二人の対決は、レーンコンディションの変化に明暗を分けられました。
土屋は1フレーム目をオープンにしてしまい、2フレーム目はストライクを決めましたが3フレーム目で再びオープンフレームに。その後もなかなかストライクが決まりません。
対して五十嵐はターキーでスタートを切ると、さらに8フレーム目から駄目押しの4連続ストライクを決めて最後まで土屋を寄せ付けず、涙の最終投球へ。
昨年2月の女子新人戦優勝から一年二ヶ月をかけ、五十嵐が初のレギュラーツアータイトルを完全勝利で手に入れました!

優勝決定戦

× 土屋佑佳 170 - 247 ○ 五十嵐久乃

先週「関西オープン」で初優勝を挙げ2週連続優勝を狙う土屋と、昨年「新人戦」優勝から絶好調五十嵐との優勝決定戦は、五十嵐が序盤からストライクラッシュを見せ圧勝! 今季初・通算2勝目(レギュラーツアー初優勝)

準決勝Bゾーン

× 近藤文美 193 - 218 ○ 五十嵐久乃

大会2連覇を狙った近藤だったが序盤スコアが伸びず、五十嵐が4フレからのフォースで引き離しレギュラーツアー初優勝を目指して(昨年「新人戦」で初タイトル)土屋との優勝決定戦へ!

準決勝Aゾーン

× 愛甲恵子 212 - 247 ○ 土屋佑佳

フォーススタートの土屋が追い上げる愛甲を退け2週連続V優勝に向け優勝決定戦へ!

 

 

 


 

2009/04/18

昨日の選抜大会トップ通過川崎八千代が絶好調!選抜228アベを上回る予選229アベで見事予選トップ通過を果たす。2位は2連覇を狙う昨年のチャンピオン近藤文美、3位に地元九州の松永裕美、また第1回Vの長原京子が6位、先週「関西オープン」で初優勝を挙げた土屋佑佳が12位で進出を果たした。


 

2009/04/17

 

2009/04/14

 

岡部直治
会場:SAP草加ボウル

 

佐野芳宏
会場:MKボウル上賀茂


 

2009/04/13

 

山本 勲
会場:新杉田ボウル


 

2009/04/12

Dorin-Ballard Almost a "10" in PBA Women's Series Showdown Win

Carolyn Dorin-Ballard was almost a "10" in recording one of the most unusual victories in her hall of fame bowling career at Kegel Training Center.

Dorin-Ballard, one of the most successful women bowlers in history, rolled a television record 20 consecutive strikes, including 11 in a row in the Wild Card match, to win the inaugural PBA Women's Series Showdown presented by the United States Bowling Congress which aired on ESPN Sunday.

In an event that employed the Johnny Petraglia Scoring System for the first time on national television, the Keller, Texas, resident posted a near-perfect score of 11 in the Championship Round Title match to nip Jodi Woessner of Oregon, Ohio, by a single point and rising star Stefanie Nation of Arlington, Texas, by two points.

Under the Petraglia system, players receive one point for each ball thrown in each frame - and the lowest score wins. A perfect game - 10 strikes - is a "10." And that's what Dorin-Ballard almost had, except for the 10 pin she left (and converted) in her 10th frame. Woessner nearly matched her, rolling eight strikes along with a pair of spares in the third and fourth frames for a score of 12. Nation threw seven strikes and converted three spares for her score of 13.

"I'm still in shock," Dorin-Ballard said. "I was lucky to get into the championship round."

Dorin-Ballard, who collected a $25,000 first prize, also threw nine strikes in the Championship Round Wild Card match, but she wound up in a 12-12 tie with Wendy Macpherson of Henderson, Nev., because she missed a single pin spare conversion attempt in the second frame. Needing a third shot to make the six pin in that frame, Dorin-Ballard's score of three for that frame kept Macpherson in the match. Dorin-Ballard then had to throw another three strikes in a row to nip Macpherson by a single pin to win a three-ball roll-off to get into the championship round.

"Any time you bowl Wendy Macpherson, you have to bowl your best game," Dorin-Ballard said. "All of these ladies know how to strike. I knew I had to keep striking to have a chance."

It was a unique event for the six top performers in the PBA Women's Series presented by USBC champions during the 2008-09 season, and it gave the women an opportunity to showcase their bowling skills in an usual bowling environment.

"I am glad the women are back on television," Dorlin-Ballard added. "This series of events is a step in the right direction for the future of women's professional bowling. With the help of the PBA, USBC, Brunswick, Dexter, Turbo and Kegel, it's just a matter of time before other sponsors come forward and see the value of the women's tour."


 

2009/04/11

土屋佑佳にとって、この関西オープンは決して楽な戦いではありませんでした。

予選を10位で通過して準決勝へと進出しましたが、準決勝は200ピンを越えるゲームが一つしかないという、悪夢のような状況に。それでも予選から持ち越した貯金で何とか踏みとどまり、決勝ラウンドロビンを10位でスタートした土屋は、そこから猛チャージをかけて厚かった上位陣の壁を突破。3位にのぼり決勝ステップラダーへの進出を果たします。

プロデビューした2007年に彦根プリンスカップ・MKチャリティカップと2大会連続で初優勝のチャンスを逃してきた土屋の決勝ステップラダー・4位決定戦の対戦相手は、奇しくも彦根で互いに初優勝をかけて戦った姫路麗。二度も負けたくない土屋、中盤から6連続ストライクを決め、昨年の三冠女王である姫路をまったく寄せ付けないまま、3位決定戦へと駒を進めます。

すでに14勝を誇るベテランの愛甲恵子との3位決定戦では、中盤に7-10スプリットを出してオープンフレームとしましたが、結果40ピン以上の大差で圧勝。

そして迎えた優勝決定戦、待ち構えるのは予選からここまで首位を独走し、初優勝へ王手をかけた阿部聖水。互いに初優勝がかかった、土屋にとってまさに彦根の再現となる優勝決定戦は、両者ともにターキースタート。4フレーム目を阿部がオープンにしてしまい、土屋が一歩リードしますが、その後は土屋がストライクを重ねられずにいるところを阿部が7・8フレームでダブルを持って来ることに成功。追いつ追われつの白熱した展開で迎えた勝負どころの9フレーム目は、土屋はストライクを決めますが阿部はスペア。これで勝利の女神の後ろ姿が見えた土屋はそのままターキーへと繋げ、阿部を突き放すことに成功。

彦根の雪辱を大阪で果たし、土屋佑佳、見事悲願の初タイトルを勝ち取りました!

 

優勝決定戦

× 阿部聖水 210 - 234 ○ 土屋佑佳

両者互角のまま勝負は終盤へ、阿部は10フレ8本スペア、土屋は9フレから気迫の3連発で一気に勝負を決め、デビュー3年目で念願の初優勝!

3位決定戦

× 愛甲恵子 172 - 215 ○ 土屋佑佳

ターキースタートの土屋が何とかスコアをまとめ、コンディションの変化に最後までとまどった愛甲を撃破!阿部と土屋が初優勝を賭け優勝決定戦へ!

4位決定戦

○ 土屋佑佳 244 - 184 × 姫路 麗

中盤まで互角の勝負も後半姫路は10ピンが飛ばず、土屋が5フレからストライク6連発で圧勝!

 

 【JPBA】 関西オープン女子ボウリングトーナメント 【ラウンドロビン】

 

阿部聖水

ポジションマッチで阿部聖水が愛甲恵子を破り7G目以来再びトップの座を奪取、初優勝に向けトップシードでTV決勝へ!
2位に敗れた愛甲恵子、3位に姫路麗に2ピン差で勝った土屋佑佳、そして追い上げる張ヶ谷順子選手(257のビッグゲームで近藤文美に勝ち)を僅か3ポイント差で退けた昨年3冠王の姫路麗が4位でTV進出を果たした。


 

2009/04/10

 

阿部聖水

予選トップの阿部聖水が準決勝でもトップのスコアをたたき出しダントツトップでラウンドロビンへ進出、初タイトルを狙う!2位に DHC 娘として活躍中の張ヶ谷順子選手、3位に14年ぶり5勝目を狙う松井八知栄がつけている。

 

 

阿部聖水

阿部聖水が後半も順調にスコアを伸ばし2位に147ピン差をつけてトトップ!2位に DHC 娘として活躍のアマ張ヶ谷順子選手、そして昨年のランキング女王で地元関西の姫路麗が3位と好位置につけている。なお32位で新人の佐々木知子が準決勝進出を果たし早くも初賞金を獲得。


 

2009/04/09

 

阿部聖水


 

2009/04/06

 【JPBA】 日本シニアチャンピオンボウリング 【TV決勝】

 

益田隆司

第20回日本シニアチャンピオン 益田隆司が大会二勝目!

50歳以上にのみ参加資格が与えられる日本シニアチャンピオンは本日最終日を迎え、往年の猛者や現在も第一線で戦っている現役らがひしめきあう中から最終ステージに上ったのは、今年がシニア初参加となる高橋延明と3年前にシニア初参加で初優勝を果たした益田隆司、昨年シニアデビューの長谷宏と還暦を迎えて10回目の参加となる山崎行夫の四人。
まずは山崎対長谷による4位決定戦では、長谷が終盤で乱れて2つのオープンフレームを作りましたが前半の5連続ストライクによる貯金で逃げ切り、山崎を10ピン差で下します。
しかし長谷対益田の3位決定戦では、変化したレーンコンディションに苦しむ長谷がストライクを重ねることができず、ミスをせず自分のペースを守った益田に追いつけないまま敗退。
優勝決定戦はシニア初参加Vを果たした益田と、シニア初参加Vに王手をかけた高橋の対戦となります。
3年振りの2勝目が欲しい益田は1フレーム目から4連続ストライクを決めますが、シニアデビューを優勝で飾りたい高橋も負けてはおらず、3フレーム目から6連続でストライクを重ねます。
ところが優勢に油断したのか、高橋が勝負所の9フレームで手痛いスプリット!これをカバーできずオープンとしてしまい、結果236ピンで高橋の投球が終了。益田は10フレーム目でダブルを持って来れればほぼ勝利が確定、言い換えればダブルを持って来れなければ敗北が確定という、緊迫した展開に追い込まれます。
運命の10フレーム目、益田の第1投目は正確にポケットを捉えてストライク。そして勝負の分かれ目となる2投目は、固唾を呑んで見守る場内にピンの弾き飛ぶ音を響かせ、見事ストライクに。いつもは冷静な益田もこの瞬間ばかりは膝をついてのガッツポーズ!
そして最後の一投もストライクを決め、益田は大会二勝目にして自身二度目の優勝をパンチアウトで掴みました!

 

優勝決定戦

× 高橋延明 236 - 245 ○ 益田隆司

序盤両者一歩も引かず互角の戦いで勝負は終盤へ。8フレ益田がスペア、高橋ストライクで高橋1マークリードも今度は高橋が9フレ2.10スプリットで再び1ピン差(高橋1ピンリード)。10フレ高橋は9スペアストライクで先に236で終了。益田はダブル以上で逆転とフプレッシャーのかかるなかパンチアウトで締めくくり見事逆転優勝、激戦を制す!
益田は'06大会優勝以来2勝目(通算2勝目)。

3位決定戦

○ 益田隆司 224 - 185 × 長谷宏

'06大会チャンピオンの益田が長谷を下し、高橋との優勝決定戦へ進出!

4位決定戦

× 山崎行夫 203 - 213 ○ 長谷宏

序盤長谷がフィフスを決め楽勝ムードも終盤オープンフレームが重なり、山崎が10フレストライクで逆転もあったが残念ながら9本カウントで長谷が逃げ切り勝ち。

 

 【JPBA】 日本シニアチャンピオンボウリング 【ラウンドロビン】

高橋延明

高橋延明が「シニア」初出場初優勝を目指しトップシードでTV決勝へ!また'06大会で先に初出場初優勝を挙げた益田隆司が2位、3位に今年10回目の出場で念願の「シニア」初優勝を狙う山山崎行夫、そして昨年「シニア」デビューも無念の予選落ち(39位)となった長谷宏が意地を見せて4位で進出を果たす。
なお、「シニア」初出場から全てラウンドロビン進出(3回目出場で10位・5位・5位)の横川義雄は、残念ながら昨年に続き次点の5位となった。


 

2009/04/05

 【JPBA】 日本シニアチャンピオンボウリング 【準決勝】

 

山崎行夫

山崎行夫(11期生60歳)がシニア初優勝に向け(昨年3位)トップで決勝ラウンドロビンへ!

 

 【JPBA】 日本シニアチャンピオンボウリング 【予選後半】

 

矢島純一

現在63歳のスーパーシニア矢島純一(1期生)がラストシリーズ788で一気にトップへ!