プロボウリング情報


2008/06/29

 【JPBA】 JFEカップ千葉女子オープンボウリングトーナメント 【TV決勝】

初夏へと開催時期を移して行われた今年のJFEカップ千葉女子オープン。最終日の本日迎えた "脅威の黒船" ウエンディ・マックファーソン VS "トップレフティ" 清水弘子の頂上決戦は、清水に軍配が上がりました!
5月の軽井沢プリンスカップで完全復活を果たした清水は、予選・準決勝では3位と好位置をキープし、決勝ラウンドロビンで一躍首位に。
昨年と同じくトップシードで迎えた決勝ステップラダー・優勝決定戦では、清水のナショナル時代からの盟友・関根直子を下して勝ち上がってきた昨年の全日本選手権覇者、ウエンディ・マックファーソンと対戦。
3位決定戦で8連続ストライクを打ち出すなどまさに脅威のマックファーソンでしたが、優勝決定戦ではレーンコンディションの変化に対応できず大苦戦。さらに勝負所の9フレーム目でビッグファイブをカバー出来ず、続く10フレーム目でもストライクが決まらないまま182ピンで終了。対する清水は中盤5フレーム目をオープンとするも終始リードを取り、決勝ラウンドロビンでの2回の対戦と合わせ、マックファーソンを3度退けることに成功。
故郷・千葉の大応援団を背に、一年越しの悲願だった千葉女子オープン制覇を果たしました!

優勝決定戦

○ 清水弘子 234 - 182 × ウエンディ・マックファーソン

フォーススタートの清水に対しウエンディは10ピンが残りストライクが続かず、終盤の勝負どころでビッグファイブが出てしまい万事休す。清水は会場の大声援を受け見事期待に応え地元での優勝を果たす。今季2勝(軽井沢に続き)・通算12勝目

3位決定戦

○ ウエンディ・マックファーソン 268 - 192 × 関根直子

ウエンディが1フレからあわやパーフェクトの8連発で、序盤2ミスの関根に圧勝

4位決定戦

○ 関根直子 268 - 224 × 竹内昭子

関根が5フレからオールウェーで完勝

 

 【JPBA】 JFEカップ千葉女子オープンボウリングトーナメント 【ラウンドロビン】

 

清水弘子

ポジションマッチで清水弘子がウエンディ・マックファーソンを破り(225対212)トップシードで決勝へ。敗れたウエンディが2位、清水との優勝戦に進みたい関根直子が3位、そしてポジションマッチで関根に190対197で勝った竹内昭子が追い上げる中谷優子(224対204で中谷が西村美紀に勝ち)を僅か3ポイント抑え4位で進出を果たした。2週連続優勝を目指した中谷は10フレ2投目ストライクがこず5位で終了。
その中谷と姫路麗がラウンドロビン終了後、即席のサイン会を開き大行列のファンの皆様に満面笑顔で応対。


 

2008/06/28

先週「イーグルクラシック」で無念の予選落ちとなったウエンディ・マックファーソンがさすがに今週は巻き返しを狙いトップ゚でラウンドロビンへ。そのウエンディを関根直子・清水弘子の強力コンビが追いかけ、今季好調の姫路麗(DHC第4戦優勝)・中谷優子(DHC第2戦優勝・先週イーグルクラシック優勝)、そして新人戦優勝でその後好成績の五十嵐久乃らがウエンディV阻止へ明日のラウンドロビンへ進出を果たした。

 

ウエンディ・マックファーソンが後半打ちあげトップ!2位に大健闘を見せる昨年ベストアマの松丸澄子選手、そして猛チャージを見せ前半29位から一気に上がってきた清水弘子が3位につけている。


 

2008/06/27

Bシフトトップは酒井幸江(22期)、2位に地元千葉支部の小須田礼子(14期)が続いた。

 

地元千葉支部の長縄多禧子(21期)が前半917に続き後半も906でトップ通過!また新人で同じく千葉支部の秋吉夕紀(41期)も見事11位で通過を果たした。


 

2008/06/26

 【PBA】 PBA Senior Epicenter Classic

Miller Fires 300 in Championship Match for First Senior Tour Title

 

Hugh Miller

Hugh Miller had his sights set on the championship from the opening round of competition, "In qualifying I wanted to finish strong so I stepped up my focus to finish in the top eight." The 51 year old southpaw did so in a big way by rolling 12 consecutive strikes in the last game of qualifying to take the second seed position and securing a double bye into the round of 16.

Miller's focus remained strong going 6-1 in match play en route to a championship showdown with 1999 PBA Senior Player of the Year Dale Eagle. "I knew (Dale) Eagle was going to be tough, and I was going to have to shoot a big game, so I knew I had to strike a lot."

"My last win was in 2002, and that was a regular tour event. I haven't even won a regional since 2004." Ending an extensive title drought Miller added "Every few years things just come together for me."

When asked how comfortable he was on the lanes, Miller replied, "In Jackson I finished second, but I left a couple opens in the championship match, so I was looking to redeem myself and I stayed focused. I got myself into a good level of concentration in the championship match. I got a lucky break the first ball in the 10th frame, I gave the ball away a little, but the left lane was hooking more so it came back to strike." Miller finished the tenth with two more strikes, winning his first career PBA Senior Tour title in style, bowling a perfect game in the championship match. What's next for the Senior Tour's newest champion? "My goal now is to win again as soon as possible."

Championship match results:

Hugh Miller, Seattle, Wash., defeated Dale Eagle, Tavares Fla., 300 to 268.


 

2008/06/25

 【PBA】 PBA News

Dick Weber, Walter Ray Williams Jr. and Earl Anthony headline the Greatest Players in PBA history.

 

PBA Announces the 50 Greatest Players in Association's History

Lead by prolific champions who dominated the sport through several eras including Dick Weber (50s-60s), Earl Anthony (70s-80s) and Walter Ray Williams Jr. (90s-today), the Professional Bowlers Association (PBA) has released a list of the "50 Greatest Players in PBA History."

The 50th Anniversary season of the Denny's PBA Tour is set to begin in October. The 50 Greatest Players will be introduced as part of a gala celebration for the golden anniversary of the PBA Tour at the Tournament of Champions, January 19-25, at Red Rock Lanes in Las Vegas.

The 50 Greatest, which also includes such iconic bowling stars as Don Carter, Mark Roth and Pete Weber (full list below), were selected from an original list of 100 by an esteemed committee of 34 individuals, comprised of members of the media, bowling industry and coaches. Later this summer, the committee will have the unenviable task of ranking these great players 1 - 50.

The final rankings will be revealed throughout the 20-week PBA season during the ESPN Sunday afternoon telecasts from October-April, culminating with the announcement of the greatest player in PBA history.

"Since its inception the Denny's PBA Tour has been defined by great players," said Denny's PBA Tour CEO and Commissioner Fred Schreyer. "As we head into our 50th year we look forward to a season-long celebration that we know will evoke great memories from the past while simultaneously creating lasting impressions for the future."

Fans will have the opportunity to rank their top 15 bowlers on the PBA's official website, www.pba.com. Should a fan's top 15 bowlers match the committee's top 15 in exact order, they will be entered into a drawing to win a framed 50th Anniversary lithograph.


 

2008/06/22

 【JPBA】 イーグルクラシックボウリングトーナメント 【TV決勝】

パーフェクトや800シリーズなどの華やかな記録こそ出ませんでしたが、吉田真由美のトーナメント復帰や5ヶ月振りのウエンディ・マックファーソンの参戦など、みどころの多かった今年のイーグルクラシック。
難しいレーン攻略に苦しめられ、予選では首位が日替わり状態の混戦模様でしたが、そんな長く苦しい戦いをまさに根性で勝ち上がったのは中谷優子でした!
予選ではどうしても首位に立てず、さらに準決勝以降やや失速してしまった中谷は、決勝ラウンドロビンを4位、決勝ステップラダーにはギリギリ3位で進出。
3位決定戦ではベテランの金田惠子を相手に大苦戦。ダブルが一度も来ない我慢のボウリングとなりましたが、金田の9フレーム目が何とも痛いビッグフォー。対して中谷はノーミスを守って3ピン差で逃げ切り、優勝最多女王・斉藤志乃ぶへの挑戦権を手に入れます。
そして迎えた優勝決定戦、何かのスイッチが入ったかのように、本来の強さを取り戻した中谷。斉藤が3フレーム目をオープンにしてしまったところからリードを取り、5フレーム目から6連続ストライク!
地元関西ということで集まった、たくさんの応援団の声援と期待に見事に応え、今季二度目の勝利を飾りました!

優勝決定戦

× 斉藤志乃ぶ 216 - 256 ○ 中谷優子

中谷が金田・斉藤の両大先輩を破り今季2勝(開幕戦の「DHC第2戦」優勝に続き)・通算8勝目を飾る。中谷は序盤のダブル、5フレからの6連発で斉藤を引き離し地元関西で見事優勝。

3位決定戦

× 金田惠子 187 - 190 ○ 中谷優子

両者互角の戦いで進んだ終盤、金田が7・8フレダブルの後ビッグフォーが残りカウントダウン、中谷は堅くノーミスでまとめ辛うじて優勝戦へ。

 

 【JPBA】 イーグルクラシックボウリングトーナメント 【TV決勝】

 

 

第30回イーグルクラシック 男子優勝はパク・ジョンスー!

中谷の優勝を祝福する大歓声が静まりかえり、再び緊張の空気に包まれた場内で始まった男子優勝決定戦。3日間の長い予選から準決勝まで首位を譲らなかった新星・梅澤快之、KPBAの静かなる実力者、パク・ジョンスーの互いに初優勝を賭けた戦いは、パク・ジョンスーに軍配が上がりました!
決勝ラウンドロビンでやや失速した梅澤は2位で決勝ステップラダーに進出し、3位決定戦で玉井慎一郎を下して優勝決定戦へ。決勝ラウンドロビンで首位に躍り出たパクがこれを迎え撃つ展開となります。
先日のKIRINCUPで優勝した保倉を師匠とする梅澤は、ここで何としても師匠に続きたいところでしたが、レーンコンディションの変化と初めて迎える決勝戦の重圧に負けてしまったか、オープンフレーム続出で今大会の自身最低スコアという結果に。
対するパクはペースを崩すことなく、ゲーム中盤で4連続ストライクを決め、終始優勢を保ってゲームを終了。
3年連続シード入りを果たすも無冠だったパクが、歴史と伝統あるイーグルの大舞台でJPBA初優勝を決めました!

優勝決定戦

○ パク・ジョンスー 232 - 162 × 梅澤快之

さすがプラッシャーにからか、思った投球が出来ない梅澤に対し、「優勝戦は楽しもうと思って投げた」と言うパクが中盤で勝負を決めJPBAツアー初優勝を挙げる。

3位決定戦

○ 梅澤快之 206 - 191 × 玉井慎一郎

プロ入り3年目で弱冠21歳の梅澤対優勝2回(新人戦とジャパンオープン)の経験を持つ玉井の対戦は、玉井の中盤のミスが響き梅澤が逃げ切って優勝戦へ。

 

 【JPBA】 イーグルクラシックボウリングトーナメント 【ラウンドロビン】

 

斉藤志乃ぶ

ポジションマッチ1位斉藤志乃ぶ対2位金田惠子の対戦は、斉藤が206-225で金田に敗れるが何とかトップシードを確保。2位で金田が進出し久し振り両者の対決が見られるか、それとも丹生愛子選手に勝った3位進出の中谷優子が勝ち上がるのか!

 

 【JPBA】 イーグルクラシックボウリングトーナメント 【ラウンドロビン】

 

パク・ジョンスー

ポジションマッチ1位梅澤快之対2位パク・ジョンスーの対戦は、梅澤が "やってしまいました" 159-246で敗れTV進出が危ぶまれたが、3位酒井武雄対4位玉井慎一郎の対戦はスコアが伸びず(180-191で玉井が勝ち)何とか2位で進出、パクはトップシード、3位は僅か2ポイント差で玉井が酒井をかわしTV進出を果たした。

 

 【JPBA】 イーグルクラシックボウリングトーナメント 【準決勝】

 

梅澤快之

梅澤快之が後半722で再びトップに返り咲き、師匠の保倉映義(5月の「KIRIN CUP」で初優勝)に続く初タイトルを目指す。2位にアマ時代JBCで活躍した竪本幸作、3位に準決勝で300を達成した酒井武雄、4位にJPBAツアー3年連続シードのパク・ジョンスー、5位・6位に初優勝を目指す大宮亜津志・桜庭良弘、そして7位・8位に伝統あるイーグルで4年ぶりの優勝を狙う貞松保行・玉井慎一郎が進出を果たした。


 

2008/06/21

第30回を迎えた今大会、通算タイトル74勝の斉藤志乃ぶと27勝の金田惠子両ベテラン(大ベテラン)が1・2位でラウンドロビンへ!3位に大健闘を見せるアマチュアの丹生愛子選手、4位に今季開幕戦「DHC第2戦」優勝の中谷優子、5位に第1回大会1978年生まれの姫路麗、6位に地元イーグルボウルで育った西村美紀、7位に今季絶好調(宮崎準優勝)の佐藤美香、そして8位に予選23位から猛チャージを見せた名和秋が飛び込んだ。

 

唯一センター代表として出場の丹生愛子選手が最終ステージトップのスコア(648・750)で遂にトップへ!2位に3日間とも安定感抜群の中谷優子、3位に今季好調(宮崎準優勝・DHC第4戦4位)の佐藤美香、4・5・6位に大御所BIG3斉藤志乃ぶ・時本美津子・金田惠子が続く。
そして地元イーグルボウル所属の高林英子は10位で進出を果たす。

 

梅澤快之(45期:C-BIC)が初日の第1ステージからトップを独走、2位に92ピン差をつけて明日の準決勝へ。


 

2008/06/20

 【PBA】 PBA Senior U.S. Open

Webb Defeats Petraglia to Win Senior U. S. Open

 

Wayne Webb

In a battle of Professional Bowlers Association (PBA) Hall of Famers, first-year Senior Tour player Wayne Webb defeated Johnny Petraglia to win the 2008 PBA Senior U.S. Open presented by Suncoast Friday at the Suncoast Bowling Center.

Webb, a 20-time Denny's PBA Tour titlist bowling in only his second Senior Tour event, defeated Petraglia 204-172 in the championship to win the $20,000 first prize.

"Bowling the championship match was just like the rest of the tournament for me," said the 50-year-old Webb. "You really had to stay on your toes and keep moving and adjusting. I really didn't feel like I had that good of a shot until this morning's match play round. It felt like I had to make perfect shots the whole tournament."

For Petraglia, it was a bitter disappointment after having dominated the entire tournament from the opening qualifying round to earn the No. 1 qualifying spot for the stepladder finals.

"You never want to lead a tournament by a lot because it makes it that much more terrible to lose - just terrible," Petraglia said.

Webb was able to overcome an open in the sixth frame - a missed 10-pin - which dropped him two pins behind Petraglia."

"I couldn't believe I missed that spare but I just yanked it," Webb said. "I thought that was going to be the turning point in the match but I was able to recover."

"It's tough to see someone who bowled as well as Johnny this week lose but when it comes down to one match, it happens."

In the semi-final match Webb defeated two-time Senior U.S. Open champion and PBA Hall of Famer Tom Baker, 225-212 to advance to the final. In the opening match, Baker defeated one-time Senior Tour and five-time Denny's PBA Tour champion Bob Handley, 176-156. It was the second consecutive year that Baker and Handley finished third and fourth in the Senior U.S. Open, respectively.

As one of the most demanding formats in the sport, the four finalists had to bowl 51 games of qualifying and match play to make it to the stepladder.

 

 【JPBA】 イーグルクラシックボウリングトーナメント 【予選第2ステージ】

 

 

金田惠子

昨日トップの斉藤志乃ぶに代わり、第2ステージは18位から一気に上がってきた金田惠子がトップ、2位に地元関西期待の中谷優子、3位に4年ぶりの優勝を目指す小須田礼子、4位に大会5勝目を狙う斉藤志乃ぶ、そしてセンター代表として主催者推薦出場の丹生愛子選手が大健闘を見せ5位につけている。

 

梅澤快之(45期:C-BIC)が昨日に続きトップをキープ、先日「KIRIN CUP」で初優勝を挙げた師匠の保倉映義に続き伝統のトーナメントで初優勝を目指す。


 

2008/06/19

世界の斉藤志乃ぶが意地を見せ第2シリーズ772と爆発してトップで明日の第2ステージへ!2位に今季未勝利ながら現在ポイントランキング1位と絶好調の松永裕美、3位に地元関西の中谷優子がつけている。